旧暦七月「鬼月」の始まりです

旧暦七月になると「鬼門」と呼ばれる、この世とあの世を隔てる門が開きます。
今年は8月3日がその日。
鬼門が閉まる七月末日(今年は8月31日)まで、ご先祖さまを含む亡者たちが娑婆へ繰り出します。
「縁も所縁もある方たちだから」と、台湾では「好兄弟」と呼んでお供え物を供えます。
この時期に台湾へ行ったことがある方は、道端に広げられた会議テーブルの上にお菓子や果物が所狭しと並べられているのを見たことがあるかもしれませんね。

好兄弟が徘徊している鬼月の約1ヶ月間は、鬼月ならではの禁忌があります。

1.夜、写真を撮らない
それ、ただのピンボケじゃないかも…

2.病院にはなるべく行かない
病気や死に関係している病院には悪い気が集まっていると言われています。

3.憑かれないように注意
疲れがたまっていたりして「氣」が落ちていると、好兄弟に身体ごと乗っ取られる可能性も…

4.最終電車、バスに乗らない
夜の11時から深夜1時ごろまでは、最も「陰氣」が強い時間帯。
波長の合った「好兄弟」を一緒に家まで連れて帰ってしまうかも。

5.不動産を買わない、引っ越ししない
引越し先に、見知らぬ「ルームメイト」がいるかも…

6.夜中に口笛をふかない、ドンドンと大きな音を出さない
夜中は好兄弟たちが最も賑やかに活動する時間帯。
大きな音や口笛は、パーティ気分の好兄弟たちを呼び寄せてしまいます。

7.名を呼ばれても振り向かない
後ろから誰かに呼ばれても振り向いてはいけません。
反応した途端、好兄弟があなたをあの世に連れ去ってしまうかも…

8.夜遅くまで外にいない、水遊びをしない
夜遅くまで外を出歩いていると、好兄弟に出会う確率が高まります。
また、日本でも言われますが、この時期は海や川での水遊びはしない方が無難。

9.壁際を歩かない
好兄弟たちは、涼しい壁際に沿って歩くと言われています。
壁際を歩いたり、壁にもたれたりしてはいけません。

10.夜、外に服を干さない
人型をしたものには憑きやすいようです。

その他、
車を購入してはいけない
結婚式を挙げてはいけない

とも言いますし、
姑には
道端に落ちている物を勝手に拾わない、持って帰らない
と言われたことがあります。
物に憑いてくることがあるからなのでしょうね。
その反面、「鬼月生まれの子は一生食うに困らない」などと言ったりもします。

旧暦にまつわる行事はまだまだあります。
またの機会に紹介します。