[上海出張録]04.Comicup20リポート

会場に向かいます。
(2日目の写真)

会場内に。
入ってすぐ企業ブース。
(陰陽師ブースの前)

bilibili、人気ありました。

ガチャガチャも人気。

真ん中に活動エリア(?)というのがあって、座り込んで休憩していたり、コスプレーヤーさんの撮
影を行なっていたりします。


台湾Fancy Frontierは、会場外の緑の多いエリアで撮影してる人も多く見られましたけど、中国Comicupではこのグループ以外、見かけませんでした。
もしかしたら、撮影場所のエリア限定をしているのかも。

同人ブース。

微信や淘寶などのSNSアプリでQRコードで読み込んでお支払い。
ほとんどのブースでQRコードを提示していました。
中国ではスマホアプリでの決済が完全に浸透しています。

 
もちろん痛車も。





こちらも、特設エリアなどはなく、会場併設の駐車場に停められていたのを撮らせていただきました。

 
価格的には

 チケット
  前売り:48RMB
  当日券:60RMB

 ガチャガチャ
  10〜30RMB

 同人誌
  40〜120RMB

(※1RMB≒16円。500mlのペットボトル飲料が2.5〜3RMBです)

規模としては、台湾Fancy Frontierと比べてもまだまだだったけれど、購買力はそれなり…という印象。
というか、「モノ」に対して、「人」が多いんですね。
ブース数がそれほど多くないので、会場内はかなりゆったりめのレイアウトで、来場者は一通り見終わったら(3時間もあれば十分)退場していく…という感じでした。

ほとんどすべての同人ブースを見て回りましたけど、エロ要素はほぼありませんでしたね…^^;
が、同人ライトノベルを買ったときに、ブースの売り子のお姉さんに「どういう内容か、わかってます?」と注意喚起されちゃいました。腐要素が全くないおばさんが買おうとしたので、逆にビックリさせちゃったのかもしれません(笑。
参考資料として、じっくり堪能させていただきます。(つづく)