台湾のことを話そう

最初はグー

2000年、私が台湾で過ごした最初の年の、台湾観光の広告塔として志村けんが起用された。
当時、押すに押されぬ人気俳優の金城武との共演だった。
「え?どういう組み合わせ?」と最初は奇抜な印象をもったが、志村&金城の楽しそうな雰囲気がCMから見てとれた。良いCMだと感じた。

いま改めて調べてみると、日本アジア航空(略称:JAA、2008年3月31日に日本航空に吸収合併)のCMだったようだ。
日本アジア航空が発足した背景には、太平洋戦争後の国際情勢の影が色濃く残っているようだ。

台湾では、奇妙な素振りをすると決まって「怪叔叔」とからかわれる。怪叔叔とは「変なおじさん」のことだ。「アイーン」の動作と顔真似も、誰もが知ってるギャグだ。
台湾での志村けん(志村健)の知名度はものすごく高い。
ドラえもん(哆啦A夢)、全日本仮装大賞(超級變變變)と並び、老若男女を問わない日台共通の話題だ。

「8時だよ!全員集合!」は当時小学生だった私の毎週土曜日の楽しみだった。
近年は彼の番組をそれほど熱心に見ることはなくなっていたけれど。
あまりに突然すぎて、「いまじゃないだろ」という気持ちがどうしても拭えない。
お名前を、お写真を見かけるたびに涙が出てくる。

いま当たり前にあることが、昔はそうじゃなかった。
当たり前だったことが、そうじゃなくなる現実が始まっている。
それでも、誰かのせいにすることなく、進化し続けていかなくちゃならないのだろうと思う。

志村けんさんのご冥福をお祈りいたします。

———-
日本語:じゃんけんぽん
中国語:剪刀石頭布(ㄐㄧㄢˇㄉㄠ ㄕˊㄊㄡˊㄅㄨˋ)

投稿者

service@gleamof.com