中国語怪談 / 今日の中国語

【中国語怪談話】もう邪魔者はいない

今回ご紹介する中国語怪談は『沒人和我搶了』です。
最終バスを待つ男の身に降りかかった恐怖とは……


本文

『沒人和我搶了』
『沒人和我搶了』
有一個男生晚上要坐公車回家,可是因為他到站牌等的時候太晚了,[1]他也不確定到底還有沒有車……又不想走路。因為他家很遠很偏僻,所以只好等著有沒有末班車……[2]等啊等啊……他正覺得應該沒有車的時候,忽然看見遠處有一輛公車出現了……他很興奮地去攔車。

一上車他發現這末班很怪,[3]照理說最後一班車人應該不多,因為路線偏遠,但是這台車卻坐滿了……只有一個空位,而且車上靜靜靜地沒有半個人說話……
他覺得有點詭異,可是仍然走向那個唯一的空位坐下來,那空位的旁邊有個女的坐在那裡,等他一坐下,那個女的就悄聲對他說:“你不應該[4]坐這班車的”,他覺得很稀奇,那個女人繼續說:“這班車,不是給活人坐的……”,“你一上車,他們(比一比車上的人)就會抓你去當替死鬼的”。

他很害怕,[5]可是又不知道該怎麼辦才好,結果那個女的對他說:“沒關係,我可以幫你逃出去”。於是她就拖著他拉開窗戶跳了下去,當他們跳的時候,他還聽見“車”裡的**喊大叫著“[6]竟然讓他跑了”的聲音……

等他站穩時候,他發現他們站在一個荒涼的山坡,他鬆了一口氣,連忙對那個女的道謝。那個女的卻露出了稀奇的微笑:“現在,沒有人跟我搶了……”

<出典>
豆瓣「史上最恐怖的9篇超短篇鬼故事」
https://www.douban.com/group/topic/9370150/


解説

[1]他也不確定到底有沒有車
ここでは「最終バスはもう行ってしまったかもわからない」と訳しています。
「不確定」は「確かではない」という言い回しです。
「主語+也(or都)」とすると、「実行する方向で動いているけれど、私(当事者)も不確かな情報しか知らないよ」というニュアンスを持たせられます。
「不確定」を「不知道」に入れ替えても曖昧なニュアンスが伝えられます。

 <不確定/不知道>を使った例文
  我也不確定那家餐廳今天有沒有開。
   (あのレストラン、今日はやってないかもだけどね。)
  我也不知道那家餐廳幾點才會開。
   (あのレストラン、何時からやってるかはわかんないけどね。)

[2]等啊等啊
ここでは「待てど暮らせど」と訳しています。
「動詞+啊,動詞+啊」という表現は、その動作を繰り返し行ったことを表します。

 例文
  我一回家就馬上睡著了,睡啊睡啊,睡到隔天中午才爬起來。
   (家に帰ったらバタンキューで、次の日の昼までずーっと寝てたよ。)
  我和他一起去吃到飽餐廳,他吃啊吃啊,吃了兩小時還說還沒飽耶!
   (食べ放題に行ったんだけど、こいつ、2時間食い続けたくせに
    「まだ入る」とか言うんだぜ!)

[3]照理說
ここでは「通常〜」と訳しています。
屈にらし合わせると」という言い回しです。「照理來說」「照理來講」と言ったりもします。
思ってたんと違うときに多用されます。

 <照理說>を使った例文

  你在美國出生,照理說會英語才對啊。
   (アメリカ生まれっていうから、英語ができるって思うじゃん。)
  照理說,天天吃低熱量食物應該會瘦下來。
   (道理としては、低カロリーフードを食べ続ければ痩せるはずだけど。)

[4]坐這班車
ここでは「このバス」と訳しています。
「這台車」「這輛車」も「このバス」という意味になります。
路線や発車時間について言う場合は「班」、
特定のバスの車両について語る場合は「台(輛)」と使い分けます。

 例文
  「このバスは台北駅には行きません。」
    ○:這班車沒有到台北車站。
    ×:這台車沒有到台北車站。
  「このバスには冷房がありません。」
    ×:這班車沒有冷氣。
    ○:這台車沒有冷氣。

[5]可是又不知道該怎麼辦才好

ここでは「〜が為す術がない」と訳しています。
「又」を入れることで相反する状況を強調しています。

 <可是(我)又~>を使った例文
  可是我又不知道該怎麼問。
   (とはいえ、どう聞けばいいのかわからない。)
  可是我又不太會講話。
   (とはいえ、僕はとても話し下手だ。)

[6]竟然讓他跑了

ここでは「おい!逃げられてしまったぞ!」と訳しています。
「竟然」は「なんと」という驚きの表現です。過去形の文章で使用されます。
「讓」は使役動詞です。「〜させる」という表現です。
直訳すると「なんと、彼を逃げさせてしまった」という感じになりますが、よりなじみやすいように意訳しています。

 <竟然>を使った例文
  竟然全都吃掉了。
   (なんと全て平らげてしまった。)
  到了大賣場,他竟然只買了一個口香糖。
   (大型スーパーまで来たのに、彼はガムを一つ買っただけだった。)

 <讓>を使った例文
  抱歉讓你久等了。
   (お待たせしてすみません。)
  欸!你讓我笑到哭出來耶!
   (ちょっと!面白すぎて泣けてきたんだけど!)


訳文

『もう邪魔者はいない』
ある夜のこと。男がバスを待っていた。
遅い時間だったので、最終バスはもう行ってしまったかもわからないのだが、男の家は辺鄙な場所にあり、歩いて帰れる距離でもないので、来るかどうかわからないバスを待つよりなかった。
だが待てど暮らせどバスが来る気配はない。
諦めかけたその時、遠くにバスのあかりが見えた。男は勇んで大きく手を振った。

その違和感の正体はすぐに分かった。
通常、下り方面の最終バスはそれほど混まないものだが、そのバスの座席はほぼ埋まっていた。しかも乗客は皆一様に押し黙っている。
男は不審に思いながらも一つだけ空いている座席に腰を下ろした。
すると、隣の席の女が小声で話しかけてきた。
「あなた、なぜこのバスに乗ったの?」
男が首を傾げると女はなおもこう続けた。
「これは死人のバスよ」
「ほら、あなたを捉えて体を乗っ取ろうと手ぐすねひいているわ」
と少し首を動かして辺りを見回した。

男はにわかに恐怖心が湧いてきたが為す術がない。
「大丈夫。私が逃してあげる」
女はこう言うといきなり窓を開け、男を力任せに引っ張ってそのままバスから飛び降りた。
「おい!逃げられてしまったぞ!」
車内の**達が騒ぎ出したが、その声も徐々に遠ざかっていった……

男がやっとのことで立ち上がると、そこは寂れた山道だった。
安堵のため息をついて女に感謝を述べる。
すると女は満足げに微笑みながらこう言った。
「さぁ、これで邪魔者はいなくなったわ……」





投稿者

service@gleamof.com